こだわり

「食の天草 にじ」がある天草は、過疎化が急速に進んでいる地域です。

「食」を通じて、天草の子どもたちを元気にすることが、

天草のより良い未来に繋がっていくと思っております。

天草で収穫される美味しい柑橘類を使い、体に優しく、美味しい加工品を作ることで

子どもたちに安心して食べさせることができます。

未来を担う子どもたちへ、私たちは愛情たっぷりの加工品を創り続けます。

 

加工所(製造所)は廃校となった中学校の給食室です。

特産品開発の為の施設として、天草市からお借りしています。

機械化とは一切縁のないこの加工所で、日々、試行錯誤を繰り返しながら、

一つ一つ丁寧に商品作りをしています。

母親でもある私たちは、自分たちの子どもに、

安心して食べさせることができるものしか作りません。


こだわりの手搾り果汁を使った加工品

私たちのこだわりは、天草で採れたものをできる限り使用すること。

それは目に見えないものでも、天草でがんばる生産者の皆さんの想いを

できるだけ汲んで、美味しいものに加工すること。

柑橘類・味噌・生姜・にんにく・梅干し・蜂蜜・塩・・・これら全てを天草で調達しています。

安くはありません。はっきり言って高いです。

私たちの商品の価格は、他の大手メーカーの商品と比べて、とても高額です。

それは、全て、生産者の方が一生懸命育てた材料を、

大切に丁寧に手作業で加工しているからです。

果汁もすべてが手搾りです。

機械で搾ると皮の苦味や油が入ってしまうからです。

原材料の調達から製造、容器への注入、商品ラベル作り、梱包。

全て私たちで作業しています。

一つ一つに真心込めて作っています。

材料には、天草晩柑などの特産品を多く使用しております。

私たちが扱う原材料のほどんどは国産です。

地元天草でそろえたほとんどの原材料については生産者まで分かります。

機械に頼れば大量生産も可能です。

添加物を入れれば品質も安定します。カビも生えません。

化学調味料をいれれば味のバランスは簡単にとれます。

でも、そうしてしまったら、私たちが加工する意味がなくなってしまうのです。

私たちは“お母さん”の立場、目線で商品開発・商品作りを行っているのです。

これから未来のある子どもたちに、少しでも自然なままの味を食べさせたい。

そんな想いが私たちの加工所には詰まっているのです。

創りだす人と食す人 未来の自分 そして子どもたちへ 食の架け橋となるように・・・

このコンセプトを加工所お立ち上げる際に掲げました。

私たちの商品でみんなが笑顔になれるように、努力していきます。

食の架け橋になるように、人の架け橋となるように、未来への架け橋となるように

「にじ」の想いはとぎれることなく、確実に、少しつづ、つながっています。安心・安全。

天草の素材、柑橘を中心とした農産物を使った加工品を皆様にお届けします。